1: 風吹けば名無し 2013/09/29(日) 04:49:55.72 ID:qSESgVvI
 台湾から予想もしなかったようなニュースが飛び込んできました。11月15日から20日まで台湾で開催予定のアジアシリーズ2013について、参加を予定していた中国棒球協会(CBA)がチームを組むことが難しいとして参加を断念。
代わりに、今年のヨーロッパカップを制したUGFフォルティチュード・ボローニャ1953(イタリア)が、特別招待チームとして参戦すると報じられたのです。

 台湾の報道サイト「TSNA」によれば、CBAは今年度のアジアシリーズについて「4年に1度行われる、日本でいうところの国体にあたる全国運動会(全運会)が終わった後、多くの選手たちが引退する意向を示していること」
「アジアシリーズに出場するうえでチームを組むことが難しい状況であり、残念ながら大会に参加することが困難であること」を伝えてきたとか。
今年度の主催者である台湾の中華職業棒球大連盟(CPBL)が、この知らせを他の参加連盟(日本のNPB、韓国のKBO、オーストラリアのABL)に伝えるとともに、
水面下でボローニャ側にも打診をしたところ「非常に光栄な話であり、喜んで招待をお受けしたい」との返答があったとのことです。

ソース:ttp://www.tsna.com.tw/index.php?q=node/45906

【イタリアの野球チームがアジアシリーズに参加へ】の続きを読む