1 :バズソーキック(東日本) :2013/09/21(土) 09:50:06.54 ID:m9NW6IOv0 BE:119484858-PLT(15073) ポイント特典

9月10日、アップルが新製品の発表を行った。具体的な内容は、新型スマートフォンのiPhone5sと
iPhone5cの2機種だった。この発表を見て、率直な印象は「アップルは"普通の企業"になった」ということだ。

故スティ-ブ・ジョブズが君臨していたころのアップルは革新的な企業で、常に世界をあっと言わせるような
新製品を発表する企業だった。同氏がいなくなった後、アップルは、従来型製品の延長商品しか
出していない。

株式市場は今回の新製品発表に対して、株価急落の反応を示した。株式投資家が「今のアップルには、
以前のような夢がない」と見れば、手堅く利益確定をしておくのが得策と見たのだろう。

今回の新製品発表で多くの関係者は、ジョブズ亡き後のアップルの変容ぶりが定着したと思ったことだろう。
常に、新しく夢のある製品を次から次へと生み出すのではなく、既存製品を売れ筋を考えながら改良する。
それは、まさに"普通の企業"がすることだ。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37010
【"普通の企業"になったアップル ジョブズが凄かっただけ?】の続きを読む